神鋼環境、不適切な事案なし 神戸製鋼のデータ改ざん問題で自主点検

 神鋼環境ソリューションは30日、親会社である神戸製鋼の品質データ改ざん問題を受けて自主点検を実施したところ、不適切な事案はなかったと発表した。今年8月までの1年間に出荷した製品について、顧客が求めた仕様と検査要領書を付き合わせたほか、顧客や複数の検査者が立ち会ったかどうか、検査成績書と検査の元データなどを確認した。

 今後、神戸製鋼が設置した弁護士らで構成する「外部調査員会」による検証を受ける予定だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報