川重、新設計「Ninja 250」など3車種を世界初公開 東京モーターショー

 川崎重工業は25日、同日から報道向け公開が始まった「第45回東京モーターショー2017」に、新設計の「Ninja 250」(写真=川重の発表資料より)など世界初公開の3車種を含む9車種13台のオートバイを出展したと発表した。世界的に人気も知名度もあるNinjaシリーズのオートバイを核に、18年モデル7車種や、往年の名車を思い起こさせる車種などを配置。さらに実際のレースに使用した2台も展示して、同社の技術力や優れたデザインを訴える。

20171025川重Ninja250

 「Ninja 250」はレースなどで知名度を上げたNinjaシリーズで、初心者でも比較的扱いやすい排気量250ccクラスの世界戦略車。発売から10年の節目を機に全面改良した。デザインの刷新にとどまらず、軽量化とパワーアップを同時に実現して、Ninjaシリーズが掲げる「走りを追求する悦(よろこ)び」を一段と深めた。

 このほか「Z1」として知られる往年の名車を想起させる新型車「Z900RS」も世界初公開。Ninja 250クラスの車体に強力なパラレルツイン(並列2気筒)エンジンを搭載した「Ninja 400」も初公開だ。このほか2018年モデルの「Ninja H2 CARBON」「Ninja 1000」「Ninja 650」「Z650」を展示する。実際にレースに使った車両では、スーパーバイク世界選手権で17年まで3連覇したジョナサン・レイ選手が使用した「Ninja-ZX 10RR」などを間近に見ることができる。

 東京モーターショー2017は東京都江東区の見本市会場「東京ビッグサイト」で開催。一般公開は28日から。前売り券は一般で税込み1600円、当日券は同1800円、午後4時以降に入場できる「アフター4」は900円だ。

▽関連記事
住友ゴム、「ダンロップ」「ファルケン」両ブランドで東京モーターショー出展 (2017/10/18)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報