ネスレ日本、日本赤十字と災害時の支援協力で協定 「支援者の支援」重視

20171024ネスレ日赤調印式

 ネスレ日本は24日、日本赤十字社に対して災害時に「支援者の支援」を重視して物資を提供する協定を結んだと発表した。被災地に設営する「支援者のこころのケア」施設や救護の対策本部、救護所などに向けて、コーヒーマシンやチョコレート製品などを供給。被災地に入った支援者が悲惨な状況を目撃することに伴う、心理的ストレスや精神的ダメージの緩和をねらう。(写真は24日の調印式でネスレ日本の高岡浩三社長=左=と日赤の近衛忠煇社長、発表資料より)

 日赤が1995年の阪神淡路大震災をきっかけに始めた「こころのケア」に対する取り組みを後押しする。その一環で、これまで目立っていなかった「支援者への支援」に対して、ネスレ日本が賛意を示し形だ。ネスレ日本が積極的に支援することによって、日赤が取り組む「こころのケア」「支援者への支援」に関する関心を高める狙いもあるようだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報