神栄の4〜9月期、純利益1億2500万円に上方修正 ほこりセンサー伸びる

20171020神栄業績修正グラフ

 神栄は20日、2017年4〜9月期の連結最終損益が1億2500万円の黒字(前年同期は400万円赤字)になったようだと発表した。従来予想の7000万円の黒字から上方修正した。中国や韓国向けに空気清浄機用のホコリセンサーが大きく伸びるなど、電子関連が好調だった。

 売上高は7%減の216億円、営業利益は31%増の4億8900万円だった。従来予想は226億円、4億1000万円だった。電子関連以外のほか、繊維関連や食品などでも利益を確保したとみられる。

 18年3月期の年間を通じた連結業績予想は据え置いた。純利益は前期比2.2倍の3億円を見込む。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報