トヨタ、神戸製鋼のアルミ板で安全性を確認 銅管などは確認中

 トヨタ自動車は19日、神戸製鋼所が発表した品質データ改ざんを受けて、トヨタ製の自動車への影響を調べたところ、ボンネットやバックドアなどに使用したアルミ板の安全性を確認できたと発表した。最近3年分のデータを利用して、トヨタの自社規格から最も外れた部材の数値をもとに強度や耐久性を検証。安全性や耐久性に関する法律、トヨタ独自の基準ともに満たしていることを確認したという。

 神戸製鋼はアルミ板以外にも銅管や鋼線、アルミ押し出し部品、鉄粉、ターゲット材などでも品質データの改ざんを発表。これらアルミ板以外の素材についてトヨタは、自動車への影響について「早急に確認作業を進めております」としている。

 この日の東京株式市場では、トヨタの発表を受けて神戸製鋼株が大幅に上昇。日本最大の自動車メーカーからリコール費用などの請求を受ける可能性が後退したとの見方が広がったようだ。ホンダやマツダがアルミ板の安全性を確認したと伝わったのも、神戸製鋼株の追い風になった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報