住友ゴム、9月中に約235万株の自社株を取得 取得予定株数4分の1

 住友ゴム工業は11日、9月8〜30日に234万9400株の自社株を取得したと発表した。取得した総額は45億9100万円になる。同社は9月8日から12月22日までに910万株、210億円を上限とする自社株買いを予定しており、株数で見ると計画のおよそ4分の1の買い付けを終えたことになる。

 住友ゴムは1月1日付で東証1部に上場する子会社のダンロップスポーツを吸収合併する計画だ。住友ゴム以外のダンロップスポーツの株主には、ダンロップスポーツ株と交換で住友ゴム株を割り当てる。この株式交換に使う株式を市場から調達するため、自社株買いを実施している。

▽関連記事
住友ゴム、子会社ダンロップスポーツなど吸収合併 スポーツ事業を統合 (2017/08/29)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報