スタジオアタオの3〜8月期、純利益29%増 オンラインと実店舗の連携強化

20171011スタジオアタオ決算グラフ

 バッグや財布など革小物を販売するスタジオアタオが11日発表した2017年3〜8月期の連結決算は、純利益が前年同期比29%増の2億7400万円だった。交流サイト(SNS)などを活用したオンラインショップと実店舗の連携強化で、両方の販売チャネルで増収になった効果が出た。

 売上高は23%増の18億2300万円、営業利益は20%増の3億9600万円だった。売上高のうちネット販売が23%増の10億7800万円、実店舗は6億4600万円だった。販売促進費用の増額を増収効果で吸収し、営業増益を確保した。

 18年2月期の連結業績予想は据え置いた。純利益は引き続き前期比12%増の3億4000万円になる見通し。無配継続の予定も維持した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報