沢の鶴、訪日客向け酒税の免税に対応 ミュージアムショップで

20171005沢の鶴ミュージアムショップ

 沢の鶴(神戸市灘区)は5日、沢の鶴資料館(同)に併設する売店「沢の鶴ミュージアムショップ」(写真=沢の鶴の発表資料より)で、訪日外国人観光客向けに実施する酒税の免税制度に対応したと発表した。2015年4月から消費税の免税販売を開始。さらに今月1日に始まった酒税の免税制度にも対応することで、訪日客が買い物をしやすくする。

 沢の鶴資料館は、神戸の中心地である三宮や新幹線の新神戸駅から最も近い位置にある日本酒メーカーの資料館。以前は酒蔵だった建物を活用して、伝統的な酒造りの道具などを展示する。館内の説明は日本語に加え、英語、中国語、韓国語で記載。外国語が話せるスタッフも配置するなど、年を追うごとに増加する外国人来館者に対応している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報