ネパールのパラリンピック水泳連盟、神戸市で事前合宿 2020年の東京大会

 神戸市は2020年のパラリンピック東京大会の事前合宿を実施することで、ネパールのパラリンピック水泳連盟と基本合意したと発表した。2020年まで毎年、神戸市でトレーニング合宿も実施する計画だ。練習施設には、しあわせの村(神戸市北区)の温水プールを使う。

 昨年12月に神戸市は、こうべ市民福祉振興協会、日本身体障がい者水泳連盟と連携して、ネパールのパラリンピック水泳選手らの合宿をしあわせの村で受け入れた実績があった。今年も12月にネパールチームの合宿を受け入れる予定。期間中には青少年交流事業や地域交流事業も実施する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報