井戸兵庫知事、全国知事会が「希望」と「立憲民主」にも働きかけの見通し

20171004井戸兵庫知事記者会見

 兵庫県の井戸敏三知事は4日の定例記者会見で、22日の衆院選を控えて新党「希望の党」と「立憲民主党」に、全国知事会が地方自治などについて同会の主張を取り込むよう働きかけるとの見通しを示した。井戸氏によると「ここ数年、各政党に(全国知事会から)『我々はこう考えているのだけれど、あなたの政党はどうお考えですか』と問いかけることで、我々の主張の理解を深めようという働きかけをしている」という。そのうえで「希望と立憲民主にも、そうした問いかけをして行くことになると思う」と述べた。衆院選を控えた全国知事会の動きについて、記者の質問に答えた。

 このほか文科省が東京23区内の私立大学と短大の定員増加を原則として認めない方針を打ち出したことについて、「大賛成」と話した。「これによって日本の科学技術の水準低下を気にかけるという見方もあるようだが、それぐらいのことが言えなくては地方創生もないのでは」と語った。(写真は記者会見での井戸敏三兵庫県知事=兵庫県が公開した動画より)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報