フェリシモ、3〜8月期の最終黒字幅を上方修正 広告費の計上遅らせ

20171002フェリシモ業績予想修正

 通販のフェリシモは2日、2017年3〜8月期の連結最終損益が4億9400万円の黒字(前年同期は2億9600万円の赤字)になったようだと発表した。従来予想の1億400万円から上方修正し、黒字幅が拡大した。上期に予定していた広告宣伝費など経費の計上の一部を遅らせ、上期に計上しなかったのが上方修正の主因だ。

 売上高は8%減の143億円、営業利益は4億6100万円の黒字(前年同期は8700万円の赤字)だった。従来予想は140億円、8700万円だった。定期便(コレクション)事業が想定を上回ったうえ、ふるさと納税カタログの制作受託が伸びた。広告などを遅らせても、本業は好調を維持したようだ。

 18年2月期通期の連結業績予想は据え置いた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報