みなと銀、コンビニATMほぼ24時間利用可能に 10月16日から

 みなと銀行は22日、コンビニエンスストアに設置しているATMを通じて、みなと銀行の口座に入出金できる時間帯を10月16日から拡大すると発表した。平日は午前0時10分から午後11時50分までと、ほぼ24時間利用できるようになる。従来は午前7時から午後11時までだった。国内に約5万台あるセブン銀行、ローソンATM、イーネットのATMが対象。顧客の利便性を高めて、利用拡大を促す。

 土日は従来の午前8時〜午後9時を、土曜日は午前0時10分〜午後11時50分、日曜日は午前0時10分〜午後9時までにそれぞれ拡大。祝日は土日と同じ時間帯だったのが、その日に当たる曜日に準じた時間帯にする。入出金の手数料は平日の午前8時45分〜午後6時が108円で、それ以外の時間帯は216円になる。残高照会は全時間帯で無料。

 神戸市内を中心とした6店舗と4出張所でも、ATMの土日祝の利用時間帯をほぼ平日並みに拡大。さらに平日の午後3時以降に翌営業日扱いとしていた振込は、みなと銀の本支店あての場合、キャッシュカード利用だと全曜日で午後9時まで、現金振込では平日午後6時までを当日入金扱いに改める。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報