神戸の街で魅力的な結婚式を 観光コンベンション協、3月までキャンペーン

 神戸市の外郭団体である神戸国際観光コンベンション協会は22日から来年3月末まで、結婚式場の運営会社などと連携して「“KOBE WEDDING”キャンペーン」を展開すると発表した。招待客として神戸市街から多くの来訪者を期待できるとして、同協会でも神戸での結婚式を後押しする。魅力的なロケーションであることを訴えると同時に、「神戸ならでは」の特典で新婦になる女性の心をつかむ。

 SNS(交流サイト)を通じた情報発信では、新郎新婦の衣装を身につけたモデルが旧居留地や森林植物園、メリケンパーク、ハーバーランドの夜景などを背景に撮影した写真を配信。「KOBE WEDDINGへのあこがれ」を喚起するのがねらいだ。フェースブックツイッターインスタグラムでの配信を開始。専用サイトも21日に開設した。

 神戸ならではの特典として、神戸市内で結婚式の挙式を決めたカップルに観光施設などが割引になる「KOBE WEDDING パスポート」を配布。抽選で「神戸ルミナリエ」を背景に2人の写真が撮影できる権利や、有料でメリケンパークにプロポーズの言葉を刻んだプレートを設置する権利も付与するとしている。

 現時点では生田神社会館や神戸ポートピアホテルなど市内22カ所で挙げる結婚式が対象になる。関連各社と観光コンベンション協は昨年12月からキャンペーンについて協議してきた。キャンペーンの効果などを見極めながら引き続き協議し、追加のキャンペーン展開なども検討する計画だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報