神戸市、六甲アイランドでもオフィスビル合同内覧会 旧P&G本社など

 神戸市は21日に、不動産仲介業者を対象にしたオフィスビルの内覧会を六甲アイランド(神戸市東灘区)のビルで実施する。所有者が異なる物件を一度で内覧できるようにし、企業の誘致やオフィスの増床などでオフィスビルの利用を促すのがねらい。これまで神戸市は三宮地区などを対象にオフィスビルの合同内覧会を実施したが、六甲アイランドのオフィスビルを対象にするのは初めて。

20170910アジアワンセンター

 今回、合同内覧会に参加するのはアジア・ワン・センター(写真=神戸市の発表資料より)、神戸ファッションマート、六甲アイランドビルの3棟。なかでもアジア・ワン・センターは昨年夏に中央区・三宮へ移転したプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)の旧本社ビル。研究施設として使われていたラボ(実験室)付オフィスなど、高機能な施設として関心を集めるとみられる。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報