シスメックス、ガーナで現地法人が直接販売を開始 

 シスメックスはガーナで現地法人による直接販売を開始すると発表した。従来の現地代理店による販売やサービスから移行し、体制を強化する。現在提供している赤血球や白血球の数・機能などを調べるヘマトロジーの分野に加え、尿検査や凝固検査分野の製品の販売も始め、品ぞろえを充実させる。

 結核、エイズ、マラリアという3大感染症に対する医療需要の高まりに対応する。同時に学術啓発活動なども充実させて、顧客満足度を高めたい考えだ。体制強化を通じて、引き続き成長が続くアフリカ地域での存在感を高める。

 ガーナ現地法人は2015年に設立。同社が担当するガーナ以外のアフリカ西・中部の18カ国では、代理店を通じた販売やサービスを続ける。ガーナで蓄積したノウハウを生かして、代理店の支援を強化する方針だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報