神戸商工会議所、神戸市に「都市基盤の整備」など要望へ 18年度向け

 神戸商工会議所は、神戸市に提出する2018年の市政運営についての要望書の概要を公表した。主な要望項目として「都市基盤の整備」「地域経済の活性化・にぎわい創出」「中小企業の経営力強化」を掲げた。8日午前に家次恒会頭が神戸市役所を訪れ、久元喜造市長に要望書を手渡す。家次氏は神戸市議会の北川道夫議長などにも要望に訪れる予定だ。

 筆頭に掲げた都市基盤の整備では、神戸空港の機能強化や利便性向上に加え、三宮再開発や大阪湾岸道路の西伸部を早期に着工・完成させることなどを求め、神戸経済の活性化をねらう。地域経済の活性化では、さらなる観光客の呼び込みや神戸医療産業都市の推進などを掲げた。全国的な人手不足を背景に、中小企業が苦しむ人材確保に向けた支援の強化も求める。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報