アシックス、福井・越前の新工場が稼働 福井・武生の2工場を統合

 アシックスは1日、スポーツウエアなどアパレル製品の生産子会社であるアシックスアパレル工業が建設していた福井県越前市の新工場(写真=アシックスの発表資料より)が完成、稼働したと発表した。越前市内の別の場所にあった福井工場と武生工場を統合し、設備や従業員を柔軟に配置できるようにした。

20170901アシックスアパレル新工場

 昨年11月1日に着工し、8月16日に工事を完了。8月17日から稼働している。同工場ではトップアスリート向けのスポーツウエアや各種競技のユニフォーム、学校の体育衣料向けウエアなどを製造する。製造拠点が1カ所になったことで、顧客の需要に応じた多品種少量での生産性が向上。短い納期にも対応しやすくなった。

 新工場にはアシックスアパレル工業の本社も入居した。敷地面積は約1万平行メートル。鉄骨2階建で、延べ床面積は5166平方メートル。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報