ハラール産業からマレーシアが見える? 神戸貿易協会でセミナー

 マレーシア貿易開発公社(MTRADE)は9月14日午後に、神戸商工貿易センタービル(神戸市中央区)に入居する神戸貿易協会で「マレーシアハラールビジネスセミナー」を開催する。同公社大阪事務所の橋詰裕志所長補佐が「マレーシア貿易とMTRADE」、ジェトロ大阪本部の田辺智樹氏が「食品輸出とハラール・ハラール認証」をテーマに講演する。

 イスラム教が国教であるマレーシアとの貿易を、イスラム法において合法であることを意味するハラールや、それを証明するハラール認証などから読み解く。ハラール産業のビジネス展開についても触れる予定だ。講演と質疑応答の後、名刺交換会も開催。講師や参加者らと交流もできる予定だ。

 主催はマレーシア貿易開発公社で、神戸商工会議所や神戸貿易協会などが共催。参加費は無料だが事前の申し込みが必要で、9月6日までにファックスかメールで申し込む。定員は先着50人とした。問い合わせ先はマレーシア貿易開発公社。(電話06・6451・6520)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報