有馬駅も秋化粧 神鉄、秋の観光キャンペーン「ジョイフル有馬」を展開

 神戸電鉄は29日から、秋の行楽シーズンに有馬温泉への誘客を通じて鉄道の利用を促す秋の観光キャンペーン「ジョイフル有馬」を展開する。期間中は入浴や店舗で使える金券が付いた企画乗車券や、茶会などのイベントを開催。有馬温泉駅も秋の装いに化粧する。12月4日まで開催。

 企画乗車券「有馬グルメ&湯けむりチケット」は神鉄各駅から有馬温泉駅の往復乗車券に有馬温泉の飲食店や日帰り入浴などに使える利用券250円分が付いて1000円。さらに釣り堀の有馬ます池や六甲有馬ロープウェーの利用料金が割引になる特典付きだ。主要駅の窓口などで販売する。

 このほか2・3日に「豊公(豊臣秀吉)を偲ぶ大茶会」を開くなど土日を中心に野点てなどのイベントを企画。有馬ます池では520円(2尾、料理代込み)で、ニジマスすくいが体験できる。有馬温泉駅は期間中、神戸芸術工科大学が協力して秋の色に装飾し、深まる秋の中で駅に到着する観光客を出迎える。
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報