なつかしい神戸洋食の味を再現 オリバーソース「神戸港町洋食ソース」

20170814オリバー神戸港町ソース

 オリバーソース(神戸市中央区)は21日に、昔なつかしい洋食の味を再現した「神戸港町 洋食ソース」(写真=オリバーソースのホームページより)を発売する。古くから外国人が多く住み、洋食文化が広がった神戸の老舗洋食店のソースをイメージした。

 炒めたタマネギのコクに赤ワインを効かせた、クラシックな味わいのデミグラスソース。ビフカツやとんかつなどのフライ物だけでなく、ポークソテーや煮込みハンバーグ、オムライスなどと定番の洋食メニューに幅広く使える。

 容量は235グラム。容器も含めた1本の重さは490グラムになる。容器の高さは195ミリメートル。同社が運営する通販サイトなどで販売するもようだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報