FC2ブログ

川重、亀裂の新幹線台車を製造で謝罪 品質管理の不備認め社長ら減給 

 2017年12月11日に東京行き新幹線「のぞみ」の台車枠に亀裂(上の写真=JR西日本の発表資料より)がみつかり名古屋駅で運転を取りやめた問題で、台車を製造した川崎重工業は28日、品質管理の不備を認めて謝罪した。本来は7ミリメートル必要な鋼板の厚さが、製造工程で溶接しやすいように最も薄い部分で4.7ミリメートルにまで削られていた。図面通りに製造されず強度が不足したのが、き裂の原因になった可能性があり、川重は亀...

続きを読む

モロゾフの前期、税引き益35%増に上方修正 イベント商戦と焼き菓子など好調

 モロゾフは28日、2018年1月期の単独税引き利益が前の期に比べ35%増の16億円になったようだと発表した。従来予想の14億円から上方修正し、増益幅が拡大する見込みになった。イベント商戦などの好調による増収効果に加え、生産性の向上で利益率が高まったのが寄与した。 売上高は1%増の296億円、営業利益は24億円になったようだ。従来予想はそれぞれ293億円、21億円だった。バレンタインやハロウィンなどのイベント商戦が好調...

続きを読む

12月の兵庫県一致指数、3カ月ぶり悪化 基調判断「横ばい局面」に上方修正

 兵庫県が28日に発表した2017年12月の景気動向指数(兵庫CI、2010年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比5.2ポイント低下の112.1と、3カ月ぶりに悪化した。機械工業生産指数や鉱工業生産指数などの悪化が響いた。一方、一致指数の動きのみから判断する景気の基調判断は「横ばい局面(下方への局面変化)を示している」とし、前月までの「悪化を示している」から上方修正した。 数カ月先の景気を示す先行指数は...

続きを読む

神戸天然物化学の仮条件は2140~2340円 3月15日に新規上場

 3月15日付で東証マザーズに新規株式公開(IPO)を予定する神戸天然物化学の仮条件が27日、2140〜2340円に決まった。有価証券届出書を提出した時点での想定価格(2340円)を上限にする幅で、投資家の需要調査を開始する。ブックビルディング(需要予測)の期間は28日〜3月6日。3月7日に公募・売り出し(公開)価格を決める。 医薬品や化学品など有機化合物の受託研究や、受託製造などを手掛ける。138万株の公募増資、88...

続きを読む

神戸高速鉄道が開通50周年、乗り入れ各社は記念乗車券など発売

 阪急の神戸三宮、阪神の元町、山陽の西代、神戸電鉄の湊川の4駅を結ぶ「神戸高速鉄道」(神戸市中央区)の路線が開通して4月7日で50周年を迎えることから、同社と同路線に乗り入れる電鉄会社4社が記念乗車券の発売などキャンペーンを展開する。全国的にも珍しい独自の運営体制で発足した神戸高速鉄道が節目の年を迎える機会をとらえ、同路線の利用を訴える。 記念乗車券は4月7日に発売。神戸高速線が1日乗り放題になる磁...

続きを読む

アサヒHD、東浦取締役が社長に昇格 寺山会長兼社長は会長専任に

 アサヒホールディングスは27日、東浦知哉取締役(57)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。寺山満春会長兼社長(77)は会長の専任になる。代表権は東浦氏と寺山氏の両方が持つ。これまで寺山氏だけが代表権を持っていたが、代表取締役を増員して経営体制を強化するのがねらいとしている。 同時にアサヒホールディングスは4月2日付で「ライフ&ヘルス」分野の統括子会社を設立すると発表した。新会社はアサヒライフ&...

続きを読む

神戸製鋼、3月6日に外部調査委の調査結果など発表 データ改ざん問題

 神戸製鋼所は27日、検査データ改ざん問題に関する外部調査委員会の調査結果を3月6日に公表する予定だと発表した。調査結果に基づく事実関係を明らかにしたうえで、原因や再発防止策も同時に発表するという。神戸製鋼は昨年10月に公表した検査データ改ざん問題を受けて、当初は外部調査委員会の報告を年内に実施するとの見通しを示したが、「2018年2月末ごろ」に延期した経緯があった。 外部調査委は、問題公表前の昨年9月ま...

続きを読む

川重、新開発のLNG運搬船を引き渡し 関西電と郵船が共同保有

 川崎重工業は26日、液化天然ガス(LNG)を約17万7000立方メートル積載するLNG運搬船「LNG SAKURA」(写真=川重の発表資料より)を船主に引き渡したと発表した。同船は関西電力と日本郵船が共同保有する。2016年に開通した新パナマ運河を通過できる規模のLNG運搬船として新たに開発し、最初の引き渡しだ。米東海岸のメリーランド州コーブポイントで開発が進むガス田から、関西電が調達するLNGの輸送に投入する計画だ...

続きを読む

三宮再開発 都市計画マスタープランで「三宮編」を決定へ 3月に説明会

 神戸市は都市計画の基本的な方針を決める都市計画マスタープランで「三宮〜ウォーターフロント都心地区編」を決める。3月11日と12日の2回に分けて素案の説明会を開催すると26日に発表した。国際的にも競争力のある都市をめざすうえでの課題を示し、具体的な街づくりにつなげるための方針を示す。神戸市が進める三宮再開発を土地利用などの面から具体化することになりそうだ。 都市計画マスタープランは都市計画法に基づいて市...

続きを読む

今週の予定(2月26日〜3月4日)神戸天然物化学の仮条件、三宮オーパ閉店

▽2月26日(月)・兵庫県議会本会議(10:00)・神戸市議会本会議(10:00)・神戸地域経済フォーラム(神戸創生会議)▽2月27日(火)・兵庫県議会本会議(10:00)・神戸市議会本会議(10:00)・第174回神戸市環境影響評価審査会(環境局研修会館、10:00)・神戸天然物化学の仮条件決定▽2月28日(水)・2017年12月の兵庫県景気動向指数・兵庫県議会本会議(10:00)・三宮オーパが閉店(20:00)▽3月1日(木)・第13回「関...

続きを読む

神戸製鋼、コンパクトな水素ステーション模型など展示 燃料電池展で

 神戸製鋼所は、28日から3月2日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する燃料電池に関連する見本市「第14回 国際水素・燃料電池展」に、既存ガソリンスタンドの一角など狭い場所にも設置できる水素ステーション機器一式の模型などを展示する。将来の主力エネルギー源候補として有力な水素や燃料技術をめぐり、普及に向けた技術をアピールする。(図は展示ブースのイメージ=神戸製鋼の発表資料より)  排ガスが水蒸気...

続きを読む

みなと銀、東京支店の広さ1.6倍に拡張 兵庫企業の商談などに活用へ

 みなと銀行は東京支店(東京都中央区、写真は同支店が入居するビル)の延べ床面積を約1.6倍に拡張し、セミナー室や会議室などを備える「みなとビジネスプラザ東京」(愛称Mポート)を開設すると発表した。兵庫県の企業が首都圏の企業との商談や情報交換などに使えるようにする。みなと銀は、首都圏企業と兵庫県企業のビジネスマッチングを支援することで業容拡大をめざす。 みなと銀は2016年2月に兵庫県と、東京への一極集中...

続きを読む

三菱電機、制御盤・配電盤の子会社2社を統合 4月1日、プリント基盤も移管

 三菱電機は4月1日付で、制御盤と配電盤を製造するの子会社メルコ・コントロール・プロダクツ(姫路市)と、メルココントロールパネルアンドコンポーネント(神戸市西区)を統合すると発表した。新会社には、三菱電機からプリント電子基板の製造も移管する。再生可能エネルギーの導入や電源分散化の進展で、市場構造が変化したのに対応する。 新会社は名称を「三菱電機コントロールパネル」とし、本社は神戸市兵庫区にある三菱...

続きを読む

久元神戸市長、有馬・湯殿館の死亡事故で原因究明の意向 専門家などに依頼へ

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は22日の定例記者会見で、21日に「神戸市立太閤の湯殿館」(神戸市北区)で職員の男性が救急搬送された後に死亡した事故の原因を、神戸市でも独自に究明する意向を示した。死亡した男性は酸素不足に陥っていた可能性が指摘されており、温泉から発生するガスの専門家などに調査を依頼する方針という。 久元氏は事故について、「たいへん痛ましい事故が起きたと思っていま...

続きを読む

UCC、コーヒー抽出かすを再利用 肥料→野菜→再び店頭に

 UCC上島珈琲(神戸市中央区)はコーヒー抽出かすの一部を肥料として再利用し、栽培した野菜を再び顧客に提供する「食品リサイクルループ」を構築したと発表した。食品リサイクル法に基づく食品の再生利用事業計画(食品リサイクルループ)の認定制度を活用し、2017年11月20日付で農水相と環境相の認定を受けた。国内のコーヒー製造業界では初めてという。 小型PETボトルのコーヒーで主力の群馬工場(群馬県伊勢崎市)が排...

続きを読む

コニカミノルタと神戸市、中小企業のIoT導入支援で連携協定 省エネ対策も

 コニカミノルタと神戸市は21日、中小企業への技術支援について連携協定を結んだと発表した。「神戸航空機クラスター研究会」に参加する企業に対し、コニカミノルタの担当者らがIoT(道具やセンサーなどをネット接続して常時監視や情報収集する技術)の導入などを支援し、神戸市内の中小企業が生産性を高めるのがねらい。同社が持つ環境技術を活用し、中小企業の省エネ対策も支援する。 神戸市役所で久元喜造市長(写真右=神...

続きを読む

MORESCOの中期計画、21年2月期に売上高350億円 特殊潤滑油が26%増

 MORESCOが20日に発表した2021年2月期を最終年度とする中期経営計画では、最終年度の売上高を今期予想比25%増の350億円、営業利益を39%増の32億円、売上高経常利益率10%に引き上げる。インド工場の稼働など海外生産を強化。自動車部品の製造工程などで使う、同社の主力のダイカスト油剤で世界シェア首位をねらう。 分野別では、ダイカスト油剤を含む特殊潤滑油で21年2月期の売上高160億円と、今期予想比26%増をめざす。米...

続きを読む

みなと銀など兵庫県の3金融機関、東京で会社説明会 学生向けなど

 みなと銀行、神戸信用金庫(神戸市中央区)、兵庫信用金庫(姫路市)の3金融機関は3月28日夜に東京都で、首都圏の学生などに向けた会社説明会を共同で開催する。第2新卒や兵庫県内の金融機関への転職希望者なども対象。20人程度の参加者を募集し、県内金融機関への就職を促す。 会場には、みなと銀行の東京支店(東京都中央区)を使用する。3金融機関がそれぞれプレゼンテーション形式で自社を紹介した後、参加者は興味を持...

続きを読む

17年12月の兵庫鉱工業生産3カ月ぶり減少 基調判断「持ち直し」据え置き

 兵庫県が20日に発表した2017年12月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整済み)速報値は前月比5.1%減の99.5と、3カ月連続で生産が減少した。兵庫県は生産活動の基調判断を、前月と同じ「持ち直しの動きが見られる」に据え置いた。業種別の生産指数は主要9業種のうち5業種が低下した。 主要9業種では最も高いウエートを占める「はん用・生産用・業務用機械工業」が前月比17.0%低下と、3カ月ぶり低下だった。このうち個...

続きを読む

1月の神戸港、輸出入総額は前年比14.2%増 EUからの輸入額が過去最高

 神戸税関が19日に発表した1月の貿易統計(速報)によると、神戸港を通じた輸出入の総額は前年同月比14.2%増の7093億円と、12カ月連続で前年同月を上回った。輸出入とも大幅に増加したが、月間の輸入額は3026億円と1月としては過去最高を記録した。欧州連合(EU)からの輸入は月間では過去最高を記録した。 輸入額は前年同月比10.0%増の3025億円だった。品目別では、非鉄金属と医薬品が11月としての過去最高を記録。イタリ...

続きを読む

増田製粉所の社長に伊藤常務が昇格 武政社長は取締役相談役に

 増田製粉所(神戸市長田区)は19日、伊藤勇常務(49)が社長に昇格する人事を決めたと発表した。4月1日付で就任する。武政亮佐社長(63)は取締役相談役に就き、代表権も持たない。同社は日東富士製粉の完全子会社になり、2月1日付で東京証券取引所での上場を廃止した。新たな経営体制で、経営体制の強化とさらなる企業価値の向上を目指すとしている。 伊藤勇(いとう・いさむ) 1969年生まれ。91年に三菱商事入社。2017年...

続きを読む

神戸天然物化学が東証マザーズに新規上場へ 27日に仮条件決定

 神戸天然物化学(神戸市西区)が3月15日に、東京証券取引所の新興企業向け株式市場「マザーズ」に新規上場する。医薬品や化学品など有機化合物の受託研究や、受託製造などを手掛ける。138万株の公募増資、88万8000株の売り出しを実施する。さらに最大34万200株のオーバーアロットメントによる追加売り出しを予定する。 27日に仮条件を提示し、ブックビルディング(需要予測)は28日〜3月6日に実施。3月7日に公募・売り出し...

続きを読む

今週の予定(19〜25日)神戸市議会が開幕、有馬温泉〜京都駅に直通バス

▽2月19日(月)・1月の貿易統計・第5回三宮地下公共空間利活用実行委員会準備会(10:00)・井戸兵庫知事が定例記者会見(16:00)・第173回神戸市環境影響評価審査会(環境局研修会館、18:00)▽2月20日(火)・2017年12月の兵庫県鉱工業生産(速報)・神戸市議会(2018年第1回定例会)が開幕・シスメックス設立50周年▽2月21日(水)・KOBE起業塾女性編(神戸市産業振興センター、10:00)▽2月22日(木)・2017年度ひ...

続きを読む

温泉みやげにキットカットはいかが 「温泉まんじゅう味」ネスレ日本

 ネスレ日本は19日に、温泉みやげの定番である温泉まんじゅうをイメージしたチョコレートの菓子「キットカットミニ温泉饅頭(まんじゅう)味」(写真=ネスレ日本の発表資料より)を発売する。キットカットは地域限定のご当地キットカットなどを通じて、訪日客の日本みやげとして定着している。温泉に向かう訪日客が増えたことに着目し、さらに「みやげ市場」を拡大する。 外側のチョコレートは、まんじゅう風の薄い茶褐色。中の...

続きを読む

六甲山活性化、神戸市と兵庫県で1億3000万円投入 18年度予算案

 神戸市と兵庫県がそれぞれ発表した2018年度当初予算案によると、六甲山などの活性化に両者で合計1億3091万円を投入する。1億円超を投入する神戸市は、都心地域の三宮から摩耶ケーブルや六甲ケーブルの駅まで直通バスを運行する社会実験を計画する。兵庫県は、六甲山ビジターセンター(六甲山自然保護センター)が4月にリニューアル開業するのに伴い、記念式典の開催や芝生広場の整備などを予定する。(写真は、まやビューライ...

続きを読む

兵庫県議会、2017年度補正予算案を可決 353億円

 16日に開幕した兵庫県議会の定例会では、会期冒頭の同日に「但馬牛生産基盤強化整備事業」など農林水産業向け47億円を含む、353億円の2017年度2月補正予算案を原案通り可決した。道路建設や河川改修などの公共事業は285億円とした。 353億円の支出に対して財源は、175億円が国庫。残りの大半は166億円は兵庫県債の発行によって資金調達する。事業によってはインフラ整備を目的とした兵庫県債を発行すると、国庫支出が受けられ...

続きを読む

久元神戸市長、ポートライナー8両化「10年もかかってはいけない」

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は2018年度予算案についての記者会見で、神戸の都心・三宮と神戸空港を結ぶ新交通システム「ポートライナー」を8両編成化する時期について「10年もかかっていたら、いけないと思います。もっとスピード感を持ってやらなければ」と述べ、対応を急ぐ方針を強調した。8両化が実現する時期を記者に問われ、久元氏は「スケジュールはまさに今年検討する」としながらも、自ら...

続きを読む

神戸港振興協会、神戸観光局に統合へ 神戸市が予算案で方針

 神戸市は16日に発表した2018年度予算案に関連して、同市の外郭団体で一般社団法人の神戸港振興協会(神戸市中央区、岡口憲義会長=神戸市副市長)を、同じく外郭団体で昨年12月20日に発足した神戸観光局(同、尾山基会長=アシックス会長兼社長CEO)に統合する方針を示した。予算案に関する記者会見で久元喜造市長は「エリアマネジメントを強化したい」と統合の目的を説明した。 神戸港振興協会は拠点をメリケンパークにある...

続きを読む

三宮再開発 神戸市が18年度予算で85億円投入、海洋博物館リニューアルへ

 神戸市が16日に発表した2018年度予算案では、三宮と旧港湾(ウォーターフロント)地区の再開発に85億2100万円を投入する。このうち神戸港の中突堤から新港第3突堤にかけての再開発などが80億7850万円と、大半を占める。さらに中央区雲井通に建設するバスターミナルの事業計画策定などの予算も計上。JR三ノ宮駅の三宮ターミナルビル(写真)が3月に営業を終えることもあり、同駅の南側駅前広場の再整備も検討に入る。  旧...

続きを読む

神戸市の18年度予算案、一般会計0.4%減の7784億円 空港整備特別会計は廃止

 神戸市は16日、一般会計を今年度比0.4%減の7784億円とする2018年度予算案を発表した。特別会計と企業会計も含めた全会計ベースでは同2.9%減の1兆7565億円になる。一般会計では神戸新交通への貸付金などが減少。特別会計は空港整備事業特別会計を廃止することで、6.7%減の6604億円とした。予算案は20日に開幕する神戸市議会で審議する。  一般会計の支出のうち64.0%を占める義務的経費は今年度比1.0%増加して4980億円を見...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報