井戸兵庫知事、阪神高速料金案「不公平感なくすのが狙い」 兵庫県案“高い”と批判で

 兵庫県の井戸敏三知事は31日の定例記者会見で、兵庫県がまとめた阪神高速道路の新料金案について「すでに対距離料金制度に移行した首都高速などとの不公平感をなくすのが狙い」と説明し、理解を求めた。兵庫県案に県議会などで「高い」と批判が出たことについては「上限料金を引き上げたのだから、平均で見ると高くなるのは当たり前」と反論した。 国土交通省が進める近畿の高速道路料金の見直しで、兵庫県は阪神高速の料金を普...

続きを読む

4〜6月期の兵庫県GDP、5四半期ぶりプラス 設備投資が下支え

 兵庫県が31日に発表した2016年4〜6月期の県内総生産(GDP、季節調整済み)は、物価変動の影響を除く実質で1〜3月期に比べ0.1%増加した。年率換算では0.3%増だった。5四半期ぶりに前期比で増加に転じた。個人消費の低迷が続く中で、企業の設備投資などが増加に転じ、全体を下支えした。 「民間企業設備投資」が前期比2.5%像と、4四半期ぶりに増加に転じた。構成比は小さいが公共事業に当たる公的固定資本形成も28.2...

続きを読む

8月の兵庫県一致指数、3カ月連続で低下 「悪化」の見方は据え置き

 兵庫県が31日に発表した8月の景気動向指数(兵庫CI、2010年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.2ポイント低下の107.9と、3カ月連続で低下した。一致指数の動きのみから判断する景気の基調判断は「悪化を示している」との見方を据え置いた。 数カ月先の景気を示す先行指数は前月比6.9ポイント上昇の96.8と2カ月ぶりに上昇した。 内閣府は24日に8月の全国の景気動向指数(CI、2010年=100)改定値を発...

続きを読む

神戸製鋼の今期、最終損益トントンに 2度目の下方修正、原料炭の価格高騰

 神戸製鋼所は31日、2017年3月期の連結最終損益がトントン(前期は215億円の黒字)になりそうだと発表した。従来予想は100億円の黒字だった。原料炭の価格高騰で鉄鋼事業の利益が圧迫されるほか、アルミ・銅の販売数量が想定を下回る見込みになったという。7月29日に続いて今期2度目の下方修正で、2期連続の最終赤字が避けられるか正念場を迎えた。 売上高は前期比7%減の1兆6900億円、営業利益は34%減の450億円になる見...

続きを読む

海運大手3社がコンテナ事業を統合 神戸港でもターミナル再編など影響か

 日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社は31日、各社とも主力事業である定期コンテナ船事業を統合すると発表した。同日に3社で事業統合契約を結んだ。2017年7月1日付で共同出資会社を設立し、18年4月から新会社での運航を開始する。コンテナ運賃が記録的に低水準で推移していることから、事業統合によって運営を効率化し、生き残りを図る。神戸港でもコンテナターミナルなどの再編といった形で影響する可能性が出てきた。 3社...

続きを読む

今週の予定(10月31日〜11月6日)ホテルモンテエルマーナ開業、輝く兵庫まつりなど

▽10月31日(月)・兵庫県災害廃棄物対策図上演習(兵庫県立のじぎく会館大ホール、10:00)・井戸兵庫知事が定例記者会見(15:00)・2017就職応援フェアinひょうご(神戸商工会議所)・ひょうご・神戸国際ビジネススクエア・ベトナム海外商談会(ホーチミン市)・4〜6月期の兵庫県内総生産(GDP)速報値・7月の兵庫県景気動向指数(速報値)・4〜9月期決算=フジッコ、神栄、トリドール、トーカロ、神戸鋼、GセブンHD...

続きを読む

川重、大阪・鶴見に「カワサキ専門店」の1号店 12月8日オープン

 川崎重工業は傘下の国内のオートバイ販売会社であるカワサキモータースが12月8日、大阪市鶴見区で直営店をリニューアルして開店すると発表した。川重が6月に発表した2輪車の国内販売網を再編する計画の一環で、大型車を含めた全モデルを扱う「カワサキ専門店」の第1号になる。(図は新店舗のイメージ=川重の発表資料より)  これまで同社直営店「プラザ大阪」として営業していた店舗を改装。カワサキのチームカラーである...

続きを読む

10月の神戸市消費者物価指数、3年半ぶり前年比下落 野菜の高値が影響か

 兵庫県が28日に発表した2016年10月の神戸市消費者物価指数(2015年=100)は、生鮮食品除く総合が100.1と、前年同月比では3年6カ月ぶりに前年同月比で下落に転じた。光熱・水道などのエネルギー関連価格は前年比での下落に続いた。さらに前月から今月にかけて、洗濯用洗剤やポリ袋などの家事用消耗品の下落が目立った。  10大費目別で見ると、下落したのは「光熱・水道」や、ガソリンを含む「交通・通信」に加え、「家具・家...

続きを読む

TASAKI、アジア事業が今期黒字化 ロンドンに11月直営店、海外事業に手応え

 TASAKI(旧田崎真珠)は28日、アジア事業が2016年10月期に営業黒字を確保する見込みなどを示した「グローバル展開」について発表した。およそ5年前からアジア地域での投資を始めて以来、ブランド浸透や店舗展開は順調とみており、海外事業に手応えを感じているようだ。今年6月には高級ホテルのリッツ・パリ内にフランス・パリでの2店舗目を出店。11月にはロンドンに直営店を開く予定だ。 2015年6月に策定した中期計画...

続きを読む

兵庫県の20年債、利率0.443%・100円で条件決定 発行額200億円

 兵庫県は28日、20年物の公募地方債「兵庫県第29回20年公募公債」の発行条件を決めた。表面利率は0.443%で発行価格は100円(応募者利回り0.443%)とした。新発20年物国債(158回債)利回りに対する上乗せ幅(スプレッド)は0.050%になった。発行額は200億円。主幹事はSMBC日興證券、みずほ証券、岡三証券の3社が共同で勤めた。 機関投資家向けに販売した。9時40分に募集を開始し、主幹事は9時42分に完売を確認したうえ...

続きを読む

石原ケミの今期、純利益一転の19%減に下方修正 スマホ生産調整の影響で

 石原ケミカルは28日、2017年3月期の連結純利益が前期単独比19%減の4億4000万円になる見通しだと発表した。従来予想の6億1000万円から一転の減益見通しに下方修正した。高価格帯のスマートフォン(スマホ)は生産調整が続いており、部品を生産する際に使う石原ケミの「金属表面処理剤」の需要が当初の想定を下回る見込みになったという。 売上高は微増の146億円、営業利益は16%減の5億9000万円になる見込み。従来予想はそ...

続きを読む

川重の今期、純利益64%減の見通しを据え置き 造船「構造改革」の体制強化

 川崎重工業が28日に発表した2016年4〜9月期の連結決算は、最終損益が前年同期比2億4200万円の赤字(前年同期は268億円の黒字)だった。24日には3億円程度の赤字になる見込みを示していた。造船を含む船舶海洋事業が164億円の営業赤字を計上したのが響いた。17年3月期の連結業績予想は純利益が前期比64%減の165億円になる見込みなどと9月30日に発表した予想を据え置いた。 4〜9月期としては7年ぶりの最終赤字になった...

続きを読む

澤村義肢製作所、神戸医療産業都市に本社移転 サービス向上など狙う

 神戸市は、義肢装具や福祉用品などを製造・販売する澤村義肢製作所(神戸市兵庫区、小西克浩社長)がポートアイランド(同市中央区)の神戸医療産業都市に新本社と工場(完成予想図=神戸市の発表資料より)を建設すると発表した。病院などと連携しやすい立地への移転で、顧客サービス向上や生産の効率化などを進める。  澤村義肢製作所は義手や義足の製造を目的として1923年に創業。兵庫区内で既に90年以上の歴史を持つ。合資...

続きを読む

うどんを食べて「FF」限定キャラをゲット トリドールが共同企画

 トリドールホールディングスは27日、同社が展開する讃岐うどんチェーンの丸亀製麺と同日発売のゲーム「ワールドオブファイナルファンタジー」とのコラボ(共同)企画を開始すると発表した。キャンペーンサイトで登録した後、丸亀製麺の店舗で専用アプリに配信されたクーポンを使って食事すると、ゲーム内で使える限定キャラクター(図=トリドールの発表資料より)がもらえる。 キャンペーン期間は11月2〜30日で、キャンペーン...

続きを読む

有馬駅も秋化粧 神鉄、秋の観光キャンペーン「ジョイフル有馬」を展開

 神戸電鉄は29日から、秋の行楽シーズンに有馬温泉への誘客を通じて鉄道の利用を促す秋の観光キャンペーン「ジョイフル有馬」を展開する。期間中は入浴や店舗で使える金券が付いた企画乗車券や、茶会などのイベントを開催。有馬温泉駅も秋の装いに化粧する。12月4日まで開催。 企画乗車券「有馬グルメ&湯けむりチケット」は神鉄各駅から有馬温泉駅の往復乗車券に有馬温泉の飲食店や日帰り入浴などに使える利用券250円分が付い...

続きを読む

井本商運「みさき」が神戸港に初入港 「みかげ」「みゆき」と同型船

 井本商運(神戸市中央区)は26日、新造船「みさき」(写真=井本商運の発表資料より)が神戸港に同日初入港したと発表した。昨年9月就航の「みかげ」、今年8月就航の「みゆき」と同型のコンテナ専用船で、ここ1年ほどで3隻目の新造船投入になった。海外行きの基幹航路に載せる貨物を集荷する、国際フィーダー輸送を強化する。神戸港では初入港を記念するセレモニーを開催した。  みさきは7月6日に進水式を開催し、このほ...

続きを読む

もみの木に雪景色も…欧州風のクリスマス 11月3日から六甲ガーデンテラスで

阪急阪神ホールディングス傘下の六甲山観光(神戸市灘区)が運営する六甲山上の商業施設「六甲ガーデンテラス」では、11月3日からクリスマスの飾り付けを実施する。欧州の田舎町に見られるような素朴な飾り付けを計画しているという。天候次第では神戸市の中心市街でなかなか見られない「もみの木に雪景色」も期待でき、心温まるクリスマスの雰囲気が楽しめそうだ。(写真はイメージ=六甲山観光の発表資料より) 雑貨店など5...

続きを読む

地下鉄西神・山手線の新型車両、デザイン「B案」に決定 丸み帯びた先頭車

 神戸市交通局は26日、2018年から順次投入する地下鉄西神・山手線の新型車両のデザインは「B案」(イメージ図=神戸市の発表資料より)に決まったと発表した。16日に開催した「交通フェスティバル2016 in 名谷車両基地」と17〜23日のネット投票で最多の3102票を獲得。先頭車両は丸みを帯びたデザインで、現在の電車と見比べるとデザインが一新された印象になりそうだ。 投票総数は8001票(うちネット投票は5544票)だった。B案...

続きを読む

神鉄の4〜9月期、純利益6%増 鉄道と不動産ともに好調

 神戸電鉄が26日に発表した2016年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比6%増の10億円だった。「有馬・六甲周遊1dayパス」といった企画乗車券の発売などに加え、貸切送迎などに注力して増収だったバス事業が寄与し、運輸事業が増益。今年1月に取得した神戸市北区の物件が寄与した不動産事業も伸び、全体の増収増益につながった。 営業収益は1%増の116億円、営業利益は6%増の15億円だった。運輸事業の営業利益は8%...

続きを読む

神戸繁昌亭の関連予算、17年度に計上の意向 久元神戸市長、運営にも補助か

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は25日の定例記者会見で、神戸・新開地に開設構想がある常設寄席「神戸繁昌亭(仮称)」に関連する予算を2017年度予算に計上する意向を示した。上方落語協会(大阪市北区)が21日の臨時総会で、開設に協力する方針を機関決定したのを受けて、「兵庫県も神戸市も必要な予算が計上できるように、これから事業スキームの策定作業を加速化させていくことになると思う」との見...

続きを読む

神戸市、「べっぴんさん」の舞台を東京でアピール 三井住友銀で11月7日から

 神戸市は25日、同市を舞台にしたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の放送が始まったのをきっかけに、神戸市の産業や文化を紹介する展示会を東京で開くと発表した。11月7日から16日の10日間、東京・丸の内の三井住友銀行東館で、神戸のものづくりや観光の魅力をパネル展示などを通じて訴える。久元喜造神戸市長は25日の定例記者会見で、三井住友銀行からの提案を受けて展示会の開催を決めたと明らかにした。(図は展示会のイ...

続きを読む

JRバスのグランドリーム号、京阪神〜東京で利用者10万人 運行2年、東阪で式典

 JR西日本傘下の西日本ジェイアールバスは25日、京阪神と東京を結ぶ高速深夜バス「グランドリーム号」の利用者数が22日に10万人を達成したと発表した。従来よりも広いシートやスマートフォンの充電に使える電源のコンセントなどを備えた利便性などが人気を集め、2014年10月31日に8台を投入してから2年足らずで達成した。31日には記念セレモニーを東京と大阪で開催する。 グランドリーム号は関西の三宮・大阪・京都と新宿・東...

続きを読む

井戸兵庫知事、神戸繁昌亭「回っていけるような仕掛け用意」 運営団体に配慮か

 兵庫県の井戸敏三知事は24日の定例記者会見で、神戸・新開地で開設が検討されている落語の常設寄席「神戸繁昌亭(仮称)」について、「赤字運営はできないので、少なくとも回っていけるような仕掛けは用意しなくてはいけない」と述べた。今後設立される運営団体などに何らかの形で配慮する方針を示したとみられる。 上方落語協会(大阪市北区)は21日午前に臨時で総会を開き、神戸繁昌亭の開設に協力する方針を決めたと伝わった...

続きを読む

神戸港の輸出入総額、12カ月連続で前年比減 入港船数も減少・9月

 神戸税関が24日に発表した9月の貿易統計(速報)によると、神戸港を通じた輸出入の総額は前年同月比9.6%減の6497億円と、12カ月連続で前年同月を下回った。外国為替市場で円相場が上昇した影響で円建てでの輸出額が減少したうえ、国内消費の低迷で輸入もさえなかった。この月に神戸港を訪れた外国貿易船の数は537隻で前年同月に比べ47隻少なかった。 輸出額は前年同期比7.6%減の4165億円だった。輸出品目別では韓国やタイな...

続きを読む

川重、4〜9月期の最終赤字幅が縮小 通期予想も再び見直しへ

 川崎重工業は24日、2016年4〜9月期の連結最終損益が3億円の赤字になったようだと発表した。9月30日には50億円の赤字になる見通しを示していたが、赤字幅が縮小した。研究開発費や販管費の一部を計上するのが10月以降にずれ込んだためとしている。 売上高は前年同期比2%減の6972億円、営業損益は80%減の84億円になったようだ。9月30日にはそれぞれ6800億円、40億円の見込みを示していた。売上高が前回の想定よりもやや上...

続きを読む

今週の予定(24〜30日)4〜9月期決算発表が本格化、KOBEパントーク2016

▽10月24日(月)・神戸デジタル・ラボの永吉社長から神戸市議会の未来都市想像委員会で意見聴取(10:00)・ラグビー2019W杯アンバサダー大畑氏らが久元神戸市長を表敬訪問(14:30)・井戸兵庫知事が定例記者会見(15:00)・9月の貿易統計・神戸商工会議所の議員選挙・第74回京都・神戸経済同友会合同懇談会▽10月25日(火)・2016年度第3回兵庫県地域創生戦略会議(兵庫県公館、9:30)・第54回兵庫県高圧ガス大会(兵庫県公...

続きを読む

上場企業の4〜9月期決算発表、28・31日がピーク 円高の影響など注目

 東京証券取引所がまとめた上場企業の決算発表予定によると、2016年4〜9月期決算発表のピークは28日と31日になる見通しだ。神戸市内に本社を置く企業でも28日に川崎重工業やさくらケー・シー・エス、31日に神戸製鋼所やフジッコなどが発表を予定する。神戸市内に本社を置く上場企業で時価総額首位のシスメックスは11月9日に発表する予定だ。市内企業の発表予定は表の通り。 川重は9月30日に2017年3月期の連結純利益が64%減...

続きを読む

「神戸経済ニュース」について

「神戸経済ニュース」は、神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を迅速にお伝えすることを目指します。すべての記事が書き下ろしです。 ■名称 神戸経済ニュース■英文名称 Kobe Keizai News■編集部所在地 東京都内にある筆者自宅のほか、wi-fiサービスのある喫茶店などインターネットに接続できる場所で作業しています。■連絡先、プレスリリースの送り先 kobe.keizai(at)gmail.com にお願いいたします(...

続きを読む

さくらKCSの今期一転、純利益3%減に下方修正 金融機関向け受注減 

 さくらケーシーエスは21日、2017年3月期の連結純利益が前期比3%減の2億6000万円になりそうだと発表した。従来予想である24%増の3億3000万円から一転の減益見通しになった。金融機関などが情報化投資を抑える傾向が強まったことから、従来の想定よりも受注が減少する見込みになったという。 売上高は1%減の234億円、営業利益は13%減の3億4000万円を見込む。従来予想はそれぞれ242億円、4億3000万円だった。一転して減...

続きを読む

国交省、タクシー料金の現状追認 神戸などで「安い」運賃容認

 国土交通省は21日、京阪神と札幌、青森、大津、徳島の7地域でタクシーの「公定幅運賃」の下限を引き下げると発表した。「神戸市域交通圏」では小型車で630〜680円としていた初乗り(1.8キロメートル)運賃を610〜680円にするなど、主な車種で10〜40円を引き下げる。規制価格を下回る運賃を事実上容認する「値下げ」にあたり、国がタクシー運賃市況の現状を追認した形だ。 神戸市域交通圏は阪神間や神戸市、明石市の9市町と大...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報