川重の今期、純利益一転64%減の見通し 船舶海洋事業「継続性含め検討」

 川崎重工業は30日、2017年3月期の連結純利益が前期比64%減の165億円になる見通しだと発表した。従来予想の490億円から一転の減益予想。円高の進行が逆風になったうえ、ブラジル合弁会社で売掛金を損失処理するなど船舶海洋事業で損失を計上することなどが響く。4〜9月期は50億円の最終赤字に転落。船舶海洋事業は「継続性を含め今後の方針を検討する」(発表資料)と、抜本的な見直しに取り組む。  通期の売上高は2%...

続きを読む

7月の兵庫県一致指数、2カ月ぶり上昇 「悪化」の見方は据え置き

 兵庫県が30日に発表した7月の景気動向指数(兵庫CI、2010年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.8ポイント上昇の110.0と、2カ月ぶりに上昇した。一致指数の動きのみから判断する景気の基調判断は「悪化を示している」との見方を据え置いた。 数カ月先の景気を示す先行指数は前月比0.7ポイント低下の91.3と5カ月ぶりに低下した。 内閣府は26日に7月の全国の景気動向指数(CI、2010年=100)改定値を発...

続きを読む

9月の神戸市消費者物価指数、前年比横ばい 物価上昇が一服

 兵庫県は30日、神戸市で調べた9月の消費者物価指数(生鮮食品除く総合、2015年=100)速報値が100.0だったと発表した。昨年9月との比較では横ばいだった。8月まで13カ月連続で前年同月比でプラスだったが、物価の上昇は一服した。 主要な費目の10大分類では、前年同月比で7費目が上昇した。「住居」「被覆および履物」などの上昇が目立った。「生鮮食品を除く食料」も高い。半面、下落したのは「光熱・水道」「交通・通信」...

続きを読む

久元神戸市長、マルセイユ訪問「港も新たな関係できないか」 10月1日から出張

 久元喜造神戸市長は29日の定例記者会見で、10月1〜8日に予定するフランスへの出張について、仏マルセイユ市との姉妹都市提携55周年を記念する行事に出席するのが目的と説明した。マルセイユ市のゴダーン市長とも初の会談にのぞむ予定。経済交流について「港の交流も、新たな関係ができないか」と述べ、今回の渡仏に意欲を示した。(写真はマルセイユの客船ターミナル=フランス観光開発機構のホームページより) 久元氏はマル...

続きを読む

久元神戸市長、べっぴんさん「単なる観光キャンペーンに終わらない」 10月3日放送開始

 久元喜造神戸市長(写真=神戸市が公開した動画より)は29日に開いた定例記者会見で、10月3日に放送を開始するNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」について、「神戸にとって特別な作品であると感じている」と作品への期待を述べた。新たな経済活動につなげるなど「単なる観光キャンペーンに終わることなく、神戸そのものを全国に向かって発信していく」との見解を述べ、べっぴんさんを契機とした地域振興に改めて前向きな姿...

続きを読む

ノエビア「肥よくな土壌は薬用植物の収穫量多い」 立命館大と共同研究で成果

 ノエビアホールディングスは28日、肥よくな土壌で薬用植物を有機栽培すると収穫量が多くなることが同社グループと立命館大との共同研究で分かったと発表した。特定有用成分の含有量も増えるという。研究成果は30日まで富山市で開催している第68回日本生物工学会大会で立命大が発表する。 いわゆる婦人病の漢方薬であるホッカイトウキを、ノエビアの自社農場「北海道暑寒別岳パイロットファーム」(北海道増毛町)で有機食品の日...

続きを読む

コープこうべ、電力小売りに参入 再生可能エネ3割、17年4月から

 生活協同組合で売上高が国内2位のコープこうべ(神戸市東灘区)は28日、電力小売り事業に参入すると発表した。調達する電力は3割を再生可能エネルギー、残りは火力をエネルギーとする。大手の関西電力が原子力発電所の再稼動に向かう中、環境に関心の高い組合員らに需要があると判断したようだ。 4月に家庭向けの電力小売り事業が自由化されたのを受け、生協による電力小売りへの参入も相次いだ。首位のコープさっぽろ(札幌...

続きを読む

神戸市営交通、訪日客は1000円で1日乗り放題に 「周遊パス」10月発売 

 神戸市は28日、1000円で市営バス・地下鉄とシティー・ループが1日乗り放題になる訪日外国人観光客向けの「周遊パス」を10月1日に発売すると発表した。パスポートを提示することで、通常の1690円を税込み1000円にするうえ、路線図や観光施設の割引クーポンなども付ける。来年3月31日までの試験販売。 主要な観光スポットを巡回するシティー・ループの1日乗車券と市バス・地下鉄の1日乗車券をセットにして販売。JR三ノ宮駅...

続きを読む

ミツバチ・てんとう虫を「初めての靴」にデザイン アシックス

 アシックスの国内販社であるアシックスジャパンは27日、ミツバチとてんとう虫をモチーフにした子供靴「バグズ・ファースト」を10月4日から順次発売すると発表した。マジックテープを外すと開口部が大きく開き、大人が履かせたり脱がせたりしやすい。かわいい虫のデザインで、生まれて初めての履く靴の需要に対応する。 欧州では子供の守り神とされるてんとう虫と、願いをかなえる神の使者というミツバチをデザインに取り入れた...

続きを読む

川重、韓国で世界最大規模のセメント排熱発電設備 19年春に稼働

 川崎重工業は27日、韓国セメント大手の双龍(サンヨン)セメントから排熱発電設備を受注したと発表した。同社の東海工場(韓国の江原道東海市)に設置する。最大出力は43.5メガワットを計画しており、セメント製造時の排熱による発電設備としては世界最大規模になるという。2019年春の稼働を予定する。 セメントの焼成工程で発生する排ガスの熱を発電に利用する。設備は排熱回収ボイラー10缶と蒸気タービン発電設備1基などで構...

続きを読む

「べっぴんスタイルPASSPORT」で誘客 今秋の観光キャンペーン

 神戸市は10月1日から11月末まで開催する観光キャンペーン「KOBE COLORS」で、NHKが10月3日に放送を開始する朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」に関連したパンフレット「神戸べっぴんスタイルPASSPORT」を作成して市内各所に誘客する。KOBE観光の日である10月3日などに、観光施設の無料開放も実施する予定だ。 神戸べっぴんスタイルPASSPORTは区役所や観光案内所、神戸市内の主要な宿泊施設などで配布するが、神戸国...

続きを読む

神商の就職フェアに80社が参加 昨年比増、10月31日開催

 神戸商工会議所は26日、10月31日に開催を予定する「2017年就職応援フェア in ひょうご」に80社・団体が参加すると発表した。昨年の72社・団体に比べて増加。有効求人倍率の上昇などで学生の大手志向が強まる中、人材獲得の機会を求める中堅・中小企業が増えたとみられる。 大学、高専、専修学校など来春卒業する予定の学生が対象だが、参加する多くの企業は既卒者の応募も可能とした。神戸物産や山陽電気鉄道など株式上場企業の...

続きを読む

神戸線「高架延伸」80周年ヘッドマークのミニチュア 阪急電鉄

 阪急阪神ホールディングス傘下の阪急電鉄は26日、現在の王子公園駅(灘区)〜神戸三宮駅(中央区)に当たる「神戸市内高架延伸線」の開通80周年を記念したヘッドマークのミニチュア(写真=阪急電鉄の発表資料より)を10月1日に発売すると発表した。4月から10月末まで一部の電車が付けて運転している記念ヘッドマークを、手のひらサイズのマグネットにした。 2カ月ごとに発売するミニチュアマグネットの10・11月分として販売...

続きを読む

今週の予定(9月26日〜10月2日)「べっぴんさん」推進協議会、4〜6月期の兵庫県GDPなど

▽9月26日(月)・神戸市議会本会議(10:00)・井戸兵庫知事が定例記者会見(15:30)・神戸市ウェアラブルデバイス推進会議(第8回)(16:00)・コープこうべ「エネルギー産地見学会」(つくばね小水力発電所=奈良県東吉野村=など)▽9月27日(火)・神戸市議会本会議(10:00)・「べっぴんさん」推進協議会キックオフ・セミナー(14:00)・第1回神戸グローバル経営塾(1)(神戸国際協力交流センター、18:00)▽9月28日(...

続きを読む

BEAMSが見た神戸の魅力、東京で紹介 30日から10月末まで

 セレクトショップ「BEAMS」を展開するビームス(東京都新宿区、設楽洋社長)は30日から、神戸のライフスタイルや街の魅力を首都圏の住民に紹介する「BEAMS EYE on KOBE」を神戸市と共同で展開すると発表した。ビームスが独自の視点で編集した神戸のガイドブック(写真=ビームスの発表資料より)や、神戸のメーカーとの共同企画商品を「BEAMS JAPAN」(東京都新宿区)で販売する。 30日から10月31日までビームスジャパン1階の...

続きを読む

アシックス、早大キャンパス内に直営店 早稲田グッズなど販売

 アシックスの国内販売会社であるアシックスジャパン(東京都江東区)は24日、早稲田大学の早稲田キャンパス(東京都新宿区)に直営店「アシックスキャンパスストア早稲田」を開設した。アシックスが大学の校内に店舗を開くのは初めて。スポーツ用品に加え、両者が共同で企画した早稲田グッズなどを販売する。 アシックスは3月2日、早稲田大学と組織的に連携する協定を結んだ。スポーツの盛んな同大学と連携することでスポーツ...

続きを読む

和田興産、3〜8月期の純利益13倍に上方修正 販促費用が後ずれ

 和田興産は23日、2016年3〜8月期の純利益が前年同期比13倍の13億円になったようだと発表した。従来予想の11億円から上方修正し、増益幅が拡大する。予定していた販促費用の一部が9月以降に後ずれしたうえ、低金利で支払利息も想定を下回った。 売上高は2倍の209億円、営業利益は4倍の25億円になったもよう。それぞれ従来予想の205億円、22億円だった。主に分譲マンション事業で販売が好調で、引き渡し戸数が予定を上回り増...

続きを読む

みなと銀、生命保険の手数料を開示へ 三井住友銀と同じ10月から

 みなと銀行は23日、生命保険商品の販売実績に応じて保険会社から受け取る手数料を10月から開示することを決めたと発表した。手数料の透明化によって、窓口で顧客に最も適した商品を販売する姿勢を強調。フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)を明確にする狙いがある。 金融庁は、銀行の持続的な収益確保のために顧客との信頼関係の構築が不可欠として、生命保険の手数料開示を銀行に求めてきた。大手銀などが金融庁が...

続きを読む

川重でLNG運搬船の進水式 くみあい船舶向け

 川崎重工業は22日、くみあい船舶(東京・千代田)のシンガーポール法人であるクミアイ・ナビゲーション向けに建造している液化石油ガス(LPG)運搬船の進水式を同日午前に神戸工場(神戸市中央区)で開催したと発表した。6月に拡張工事を終えて運用が始まった新パナマ運河の規則に対応した船型や設備を採用した。(写真は川重の発表資料より) LPG8万2200立方メートルを運搬する。航行中の船首に発生する波を抑え、燃費...

続きを読む

パンの名店14社が出展、パンのポートタワーも 10月22日に神戸パン祭り

 兵庫県内の製パン会社などが加入する兵庫県パン協同組合は10月22日に「第2回神戸パン祭り」を開催すると発表した。神戸朝日ホール(神戸市中央区)の1階ピロティ広場を会場に、パンの名店14社が出展。それぞれがパンの自信作を販売する。神戸開港150年を記念してパンで作ったポートタワーも登場する予定だ。 1人当たりの購入量が全国でもトップレベルであるなど、パンは神戸を代表する食文化の1つ。観光資源にもなっており...

続きを読む

(寄稿)[神戸鳥瞰虫探し]妥協点探しはなおも将来課題 「介護」と「支援」

 2016年3月末時点で居宅介護サービスを受けている神戸市民は2万5400人。大阪市の4割水準だ。10年前は6割水準だった。高齢者人口が増加している中での認定者減少は、街の魅力とは何であるのかを考えれば興味あるテーマだ。 介護保険事業の運営財源は保険料と公費。運営主体者は市町村。介護水準の認定も運営者が行なっている。域内の人口構成には差があり、自治体自体の運営政策などによってサービス内容に地域間での差異が生...

続きを読む

(解説)G7保健相会合、「世界に発信」できたか 問われた厚労省の問題意識

 11〜12日に神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)を会場に開催した7カ国(G7)保健相会合では、成果文書として「神戸宣言」がまとめられたという。感染症対策や薬剤耐性菌、高齢化・認知症への対策と世界の保健に横たわる課題を改めて確認した形で、特に大きな対立点もなく会合を終えたとみられる。開催都市である神戸市も、医療産業の集積地として会合の円滑な運営に寄与したと評価できそう。ただ本当に神戸の魅力を世界に発...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報