神戸経済同友会、代表幹事に神戸土地建物の中尾氏を内定 5月の総会で就任

 神戸経済同友会は、5月に2年の任期を終える塚本晃彦代表幹事(神戸製鋼所顧問)の後任として、神戸土地建物(神戸市中央区)の中尾一彦副社長が就く人事を内定したと発表した。12日に開催した理事会で決めた。5月18日に開催する定時総会で正式に選任する。 神戸経済同友会の代表幹事は2人体制で毎年1人が交代する。中尾氏は引き続き代表幹事を務めるノーリツの國井総一郎社長とともに代表幹事を務める。中尾氏は神戸銀行が...

続きを読む

万博誘致ステッカー、神戸・京都でも配布 京阪神の商工会議所が連携

 京阪神の3商工会議所が連携して個人や会社などに「万博誘致ステッカー」(図=商工会議所の発表資料より)を配布している。2025年の万国博覧会誘致に向けて大阪商工会議所が10月から始めた、万博誘致のロゴ入りステッカーの配布を、神戸・京都地区に地域を拡大して実施。各社の玄関や窓口、業務用の自動車など目立つ場所にステッカーを貼り付けてもらい、万博誘致の機運を高めるのがねらいだ。 昨年12月中ごろから、京都府タク...

続きを読む

家次神商会頭、事業承継「いかにノウハウ受け継ぐ教育するかが大事」

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は1日に放送したテレビ番組で、次世代の人材育成について触れ、企業の経営層では「団塊の世代がそろそろ次の世代にシフトする時代になっている」と指摘。そのうえで「若い人たちに、いろいろなノウハウをどういう形で受け継いでもらうか、そういう教育をしていけるかということが大事」と述べ、スムーズな世代交代が多くの企業で当面の課題になるとの見通しを示した。 家...

続きを読む

松本関経連会長「大いに歓迎」表明 東京から本社移転で税優遇の対象地域拡大

 関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は、自民と公明の両党が2018年度の税制改正大綱を14日に決定したのを受けてコメントを発表。東京23区から本社機能などを移転する場合の税制優遇の対象地域、関西圏・中部圏の中心地が追加されたことで「かねてから当会が要望していた事項であり、大いに歓迎する」と述べた。 賃上げや国内投資を実施した企業に対する新たな減税措置についても触れ、「経済の好循環につながるも...

続きを読む

家次神商会頭、神戸市長に久元氏再選「新産業創出や中小企業への支援に期待」

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は22日付でコメントを発表し、同日に投開票した神戸市長選に現職の久元喜造氏が再選したことについて「心からお祝い申し上げる」と述べた。そのうえで「多くの市民が4年間の実績を評価するとともに、神戸市政に対して責任と継続性のある舵取りを期待した結果」と分析した。 三宮再開発などを通じ、神戸経済が震災復興を乗り越えた将来への投資や都市構想の段階に入ったこ...

続きを読む

神戸スポーツ産業懇話会、28日にキックオフ 神戸商工会議所

 神戸商工会議所は、神戸でのスポーツ産業振興に向けた企業と大学の連携を目的に「神戸スポーツ産業懇話会」を設立すると発表した。2019年以降に日本で国際大会が相次ぐ「ゴールデン・スポーツイヤーズ」を生かすのがねらい。懇話会の会長は尾山基・神商副会頭(アシックス会長兼社長)が務める。28日には「キックオフ」を記念したシンポジウムを開催する。 2019年にラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会、20年の東京五輪・...

続きを読む

神戸商工会議所、神戸市に「都市基盤の整備」など要望へ 18年度向け

 神戸商工会議所は、神戸市に提出する2018年の市政運営についての要望書の概要を公表した。主な要望項目として「都市基盤の整備」「地域経済の活性化・にぎわい創出」「中小企業の経営力強化」を掲げた。8日午前に家次恒会頭が神戸市役所を訪れ、久元喜造市長に要望書を手渡す。家次氏は神戸市議会の北川道夫議長などにも要望に訪れる予定だ。 筆頭に掲げた都市基盤の整備では、神戸空港の機能強化や利便性向上に加え、三宮再開...

続きを読む

松本関経連会長、電力料金の値下げ「関西全体の経済を後押し」と歓迎

 関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は11日、関西電力が8月1日から全顧客を対象に電力料金を値下げすることについて「関西全体の経済を後押しすることが期待され、今回の値下げを歓迎する」とのコメントを発表。エネルギーのコスト負担減による経済の活性化に期待感を示した。 値下げの背景には、高浜原子力発電所3、4号機(福井県大飯郡高浜町)が本格的に再稼働したことがある。原子力発電は廃止を求める声...

続きを読む

神戸貿易会、会長に長田通商の長田氏 副会長に神栄の小野氏

 神戸貿易協会(神戸市中央区)は22日に開いた定時会員総会で会長に長田通商(神戸市中央区)の長田庄太郎社長を選出したと23日発表した。神栄の新尚一相談役に代わって同日就任し、2年間の任期を勉める予定だ。長田氏はこれまで副会長を務めていたが、昇格した形だ。 副会長には田嶋(神戸市中央区)の伊藤紀美子社長と、神栄の小野耕司社長が新たに就き、神戸洋行(同)の船越照平社長は留任。UCC上島珈琲(同)の上島達司...

続きを読む

井戸兵庫知事、関経連会長に住友電社長「東京を通さない視点に期待」

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が公開した動画より)は16日の定例記者会見で、関西経済連合会の会長に住友電工の松本正義社長(72)が内定したことについて「まずは期待したい」と述べた。「住友電工は世界に生産拠点を持つグローバル企業」であることから「東京を通さないで関西がどう世界に発信するのか、世界の動きを関西がどうダイレクトに受けるのか、そうした視点を十分にお持ちの方だと思う」との印象を語った。...

続きを読む

家次神商会頭、医療産業都市「3つのクラスターそろうの神戸だけ」 企業の厚み強調

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は1日午前に放送したテレビ番組に出演し、神戸医療産業都市の強みについて「3つのクラスター(集団)がそろっているのは神戸だけ」と述べ、神戸に集まった医療関連の企業や研究機関などの厚みを強調した。3つの集団とは「メディカル(医療)」「バイオ(生命科学)」「シミュレーション」で、これで「非常に強みがある」との見方を示した。現在、神戸医療産業都市には20...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報